オール電化

エコキュートの配管材料

太陽光発電の施工価格についてエコキュートの配管材料にはいろいろなものが使われています。配管材料は価格が安い順から塩ビ管・銅管・架橋ポリ管などさまざまです。そのなかで現在最も多く使われているのは、銅管です。当社は、銅管ではなく保温材付三層管配管を使用しています。
この材料は右の写真のように高耐熱ポリエチレン・強化アルミパイプ・高耐熱ポリエチレンの三層構造になっています。価格は、銅管よりはるかに高いのですが、この材料が優れている点は、以下の4点です。

 

保温材付き三層管配管の4つの優れている点

保温材付き三層管配管の4つの優れている点 1.中にアルミが入っているので、手で簡単に曲げることができます。
そのため、配管を継手などでつなぐことなく、連続した配管が可能になります。

(配管はつなぐより連続していたほうが当然漏水の可能性が低くなります。)
保温材付き三層管配管の4つの優れている点 2.高温に強く、配管からいやなニオイがしません。
(エコキュートは急速かつ高温にお湯をつくりますから、高耐熱であることが必要です。)
保温材付き三層管配管の4つの優れている点 3.保温性に優れ、湯沸し時のエネルギーロスが少ない。
保温材付き三層管配管の4つの優れている点 4.継手の透明部分で管がきちんと挿入されたか確認することができます。
(管がきちんと挿入されていない差しこみ不良を簡単に防ぐことができます。
保温材付き三層管配管の4つの優れている点 ちなみにユニオンという継手一個で定価2,000円以上します。一番安い塩ビ管の材料と比較すると継手一個が100倍近くの金額差です。それでも、お客様に安心して永く使っていただきたいと考え、この配管材料を使っています。
相見積り大歓迎です
お電話の方はこちら 0120-118-810