ブログ

シーリング材も耐久年数があります

  • 内田 貴大 投稿日:2018/07/08
    投稿者:内田 貴大

新築などに使われているシーリング材。また、大手建材店で販売されているシーリング材。どのくらいの耐久年数かご存知でしょうか?

その前に、シーリング(コーキングとも呼ばれます)の役目から説明します。シーリングは壁(サイディング)のジョイント部分にあるゴム製の目地材です。建物の揺れなどが発生したときに、シーリングで揺れを吸収し壁の負担を軽減する役目があります。

そのため、年数が経つとシーリング材が伸縮し、亀裂・ヒビが発生してしまいます。

 

従来のシーリング材…

新築や塗り替えの際のシーリング工事で使うシーリング材は、比較的安い材料を使われることが多いです。築3~5年でシーリングに亀裂・ヒビが発生しているお家も多々あります。

耐久年数は約4~7年といわれています。

そのため、外壁塗装でどんなに高耐久の塗料を塗ったとしてもシーリング部分が劣化し、またシーリング工事をしないといけないといったことになりかねません。

 

高耐久のシーリング材…

弊社もこのシーリング材を採用しています。

それは……

1 050

 

オート化学 オートイクシード15+ 

 

このシーリング材は研究・実験を重ね、むき出しの状態で15年の耐久年数があるシーリング材です。

このシーリング材で施工すれば、塗料の耐久年数と相乗効果で高耐久が期待できます!!!

 

 

 

 

 

 

 

相見積り大歓迎です
お電話の方はこちら 0120-118-810