ブログ

金属屋根への太陽光パネル施工について

  • 冨田 修 投稿日:2018/03/03
    投稿者:冨田 修

 太陽光発電事業部の冨田です。

ここ数年、金属屋根への太陽光パネルの施工が増えています。

特に多いのは、ガルバの縦ハゼと呼ばれるもので、下の写真の

ように立ち上がりがあるものです。

最近は、屋根勾配が0.5寸~3寸(3°~17°)と傾斜が緩く、デザイン性に

富んだ屋根が人気の様です。

太陽光パネルの施工にあたって、金属の屋根にビスで穴を開けてしまっては、

雨漏りの原因になりかねません。

弊社では、下の写真のように、ハゼの部分に特殊な金具を固定して、パネルを

設置します。この工法により、屋根に一切の穴を開けず太陽光発電が施工できます。

因みに、台風や熊本地震等でパネルが歪んだり、外れたケースはありません。

 金属屋根にかかわらず、太陽光パネルの設置方法(工法)は様々です。

太陽光ご検討の際は、工法についてご質問されることをお勧めします。

 

    CIMG0315    全体写真

 

    CIMG0317    拡大写真

相見積り大歓迎です
お電話の方はこちら 0120-118-810